第一印象で人の印象の9割が決まる!と言われていますが、恋活・婚活マッチングアプリではプロフィール写真が本当に大事!かといって加工アプリを使用しすぎると異性に不信感を与える可能性も・・・。

そこで、”写真映えするモテ♡メイク”で加工に頼りすぎないプロフィール写真を撮ってみませんか?写真とのギャップが少ない程、デートでの成功率は高くなります♪

今回はトレンドメイクを発信する大人気コスメブランド「M·A·C」のメイクアップアーティストに写真映えするモテ♡メイクHowtoを教えてもらいましょう!
今すぐ試せる簡単なテクニックが多いので、写真を撮る前にぜひ試してみてください♡ナチュラルに、でも華やかに仕上がるので、デート当日のメイクにも使えますよ!
最後にはM·A·C×Qunme特別イベントご招待のお知らせがあるのでお見逃しなく♪

メイクアップアーティストのご紹介

M·A·C ナショナル アーティスト 木村 めぐみ さん


2006年M·A·C入社。日本で唯一のプロショップであるM·A·C表参道ヒルズ店に勤務し、M·A·Cナショナルアーティストとして、 ファッションウィーク、シューティング、ファッションブランドへのメイクアップセミナーなどで活躍。日常に取り入れやすい彼女のメイクテクニックとセンスは大きな支持を受けている。

モデルさんの悩み

いつものメイクで写真を撮っても、ナチュラルになりすぎてしまう・・・。写真でも華やかな印象に仕上がるメイクテクニックを覚えたいです!!

アイブロウ編

①骨格を活かして女性らしく自然なアイブロウに

まずは顔のバランスを決める眉からスタート!スクリューブラシで毛流れを整え、眉山は小鼻と黒目を結んだ延長線上、眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上に。眉山から眉尻までのラインは、目と平行になるようにラインを繋げると骨格を活かした形に仕上がる。

②眉マスカラでふんわり抜け感のある仕上がりに

ペンシルで毛の少ない所と眉の下側のラインを綺麗に整え、丸みのあるブラシにパウダーを取りくるくると回しながら乗せる。眉マスカラは毛流れに逆らうように眉尻側から塗り、眉頭の毛は、斜め45度眉山方向へ角度をつけると自然な抜け感が。最後にスクリューブラシで流れを整えて完成

POINT! 写真映えアイブロウ

眉下ラインをしっかり描きぼかすことで写真映えするアイブロウに。写真を撮ると白飛びしてぼんやりしてしまいがちな眉は、骨格に合わせた自然なアイブロウは目をハッキリと見せてくれる効果も。

アイメイク編

③マット×パールの質感で目元に自然な立体感

まぶたの眉骨と眼球のあいだにあるくぼみ部分に①のマットなソフトブラウンのカラーをのせ自然な立体感をだします。 目のきわに②のパールの入ったダークブラウンをのせ、目元にパッチリとした印象をあたえます。③のキラキラとしたライトベージュのカラーをまぶたのちょうど黒目の上あたりの位置にのせる事でさらに際立つ立体感と目元に透明感をあたえます。目の下の黒目の外側から目尻に向けて②のダークブラウンを入れると目のタテ幅が強調されますよ♪

④ホワイト系のアイライナーでクリアで印象的な目元に

ホワイト系のアイライナーを下まつ毛の生え際に沿うようにラインをいれると、目のフレームが広がり目が大きく見えます!白目をクリアに見せる効果も。

さらに、ダークブラウンのアイライナーとマスカラを使って、まつげを上下に伸ばしパッチリデカ目効果

アイラインはまつげとまつげの隙間を埋めるように、目頭にもアイラインを引くと目力が生まれ、写真を撮った時の印象が変わります。マスカラは根本から塗ることでアイライン効果が出ます。下まつ毛は黒目の下にたっぷり乗せると目が丸くパッチリするのでおすすめです。

次ページ : チーク&リップで完成!プレゼントも